理想的な看護師の具体像

医療の世界で理想的とされる看護師の具体像は、優れた看護技術を有することはもちろんその取り巻く環境から、主に3つの特徴が指摘されます。

まず1つ目には、看護業務の中でメインとなる患者への接遇の面に於いて、非常に長けていることが挙げられます。看護師は医師と患者との間で、治療・回復に向けたサポートをし、患者の一番側で看る医療従事者であることから、信頼を得ることが最も肝心です。そして、尊敬できる看護師とされるのは、患者に対し親切・丁寧であるばかりでなく、常に患者本位で物事を考え行動し、コミュニケーション能力に優れていることが大きな要素です。また、心身を病む患者の不安を上手くマネージすることも重要な役割である為、厳しくあるべきは厳しくする一方で、笑顔を絶やさないことや些細なことでも気軽に相談できるなど性格的な明るさや気さくさも当然必要な要素として挙げられます。

そして2つ目には、一緒には働く看護師や医師また検査技師など周りのスタッフと協調性があることがあります。これには、患者を中心にその回復、更に病棟等全般に渡って気を配り、優れたバランス感覚と調整能力を備え、円滑な業務と云う広い視点から行動できることが挙げられます。その為、例えば看護師間であれば、指導する場合も含めて相互に協力し、共に学び高め合うことに視点が置かれます。

最後3つ目には、仕事全般に対する姿勢に於いて優れている面があり、自分の役割を十分に熟し、患者を献身的に看て同僚と共に現場で患者の回復に向け働くことが、何より好きであることが求められます。

上記のような優れた特徴を参考にしつつ、周囲から慕われる看護師を目指しましょう。オススメLINK・・・《http://xn--v8jc1fzg970stidz8ihllm79b.com