コミュニケーション能力のレベル

看護師に求められる職能として、患者や同僚の看護師だけでなく、他の医療従事者とのコミュニケーションも密に行って医療現場にいる関係者間の情報共有を円滑にするというものがあります。

患者や医師とのコミュニケーションは基本であるものの、それをさらに拡大してあらゆる関係者とのコミュニケーションを大切にしていくのは意外にハードルが高いものです。そんな中、看護師として医療現場で働いているとコミュニケーションがとても上手い女性もいらっしゃるでしょう。実際に病院で様子を観察していると、積極性をもって多くの医療従事者とのコミュニケーションをとり、情報共有を行っている姿をよく見かけます。

コミュニケーションが上手いという能力は、看護師をしていると自然と身につくものです。しかし、尊敬される看護師ということになるともう一歩踏み込んだレベルでコミュニケーションを取らなければなりません。そういった人たちは、誰と話すときでもその人の専門性をよく理解して、適切な専門の言葉を使ってコミュニケーションを取っています。正しく情報共有を行うためにはそれぞれの職能を理解して、専門用語を正しく使用して情報共有をするのが最も良い方法です。

それを実践することによって正確かつ迅速に情報を伝えることができて、医療現場全体の効率を向上させることができます。様々な領域の専門用語を理解するのは大変なことであるものの、一度覚えてしまった知識はずっと活用できるのは確かです。その点をよく考えて必死に勉強をして活躍する道を見出してこそ、成功を遂げた女性と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です