仕事の立ち位置を考える

医療現場で長らく働いていると自分の立ち位置に困り始める看護師も少なくありません。新人のうちは教わる立場で少しでも活躍できるように頑張ってきたものの、仕事が板についてくると少し目標を見失いがちになります。その状態で新人教育をする立場になれば良いものの、あまり教育も任されずに、新人とあまり変わらないような扱いで仕事をしている人もいるでしょう。

そうした環境が続くと、そのままで良いのかと疑問に思い、仕事のやりがいがなくなってきてしまいます。そんな時、役に立つのが職場で憧れる人を目指すという方法です。頼れる人材だと上司に思われていないために、教育も任せられずにいる状況がある可能性は否めません。一つでも良いから取り柄を作って、その部分では役に立てるように努力すると、だんだん現場での立ち位置がはっきりとしてきます。

大きな飛躍をしてしっかりと足場を作ろうと考えたときに有益なのが資格の取得です。指導的な立場になれるように認定看護師になるのを目指すのは良い考え方でしょう。資格取得にはそれなりに期間が必要になるものの、それがちょうどいい気分転換にもなって現場に戻ったときには別人のようにして働けるかもしれません。指導できる立場になって頼れる女性として見てもらえるようになるとやりがいも増すでしょう。医療に貢献するためのスキルも身につき、自分でも活躍している実感を持つようになります。

自分のポジションを再度確認してみて、仕事のやりがいを自ら作り上げていくよう努力をしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です